リクナビNEXTの「プロ論」は転職サイトの枠を超えた秀逸コンテンツ

リクナビNEXT

リクナビNEXTで掲載中の 『プロ論。』 をみなさん読んでますか?

今回紹介されているのは、前から話題でわたしが大好きな 未来工業 取締役相談役の山田昭男さんです。私が最初に未来工業を知ったのは、2年前のカンブリア宮殿です。あの回を見た時は、さすがにぶっ飛びました!それくらい会社の経営方針が、一般的な会社とかけ離れているのです。おそらく今日本で1番のホワイト企業(ブラック企業の対義語)じゃないかな?って思います。

2年前の未来工業のカンブリア宮殿↓
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/20110120.html

残業は一切禁止。夕方5時前には社内には誰もいなくなる。営業のノルマなし。全員正社員。年間の有給休暇は140日あるし、5年に一度は社員旅行で海外にいく。定年は70歳。65歳の平社員の給料は700万円。特に多いとも思っていなかったんだが、大手企業は60歳を過ぎたら給料が3分の1になると聞いて、それならウチは多いんだろうと。今うぬぼれ中です(笑)。

上記については未来工業を知っている人なら、そうそう!と思ってもらえるのですが、初めて見る人はびっくりですよね?これが岐阜県にある電設資材メーカーの話なんですから、尚の事びっくりです。そんな山田さんのお言葉がまたステキで・・・、プロ論を読んでまた感動させて頂きました。きっとみなさんも心動かされる内容だと思います。

リクナビNEXTの会員に登録している人には、毎週月曜日に ”かしこい転職プロジェクト” というメールが送られてきます。わたしの場合は、プロ論をいきなり読まずに、このメールの要約をチェックして、面白そうな人の時だけ読みます。

ひそかな楽しみはこのメールについている リクナビNEXT ふくびき です。自分の会員番号を入力すると、町の抽選会場のようなアニメが動き出して・・・・、現金がもらえます。しかもキャリーオーバーまであったりします。わたしは毎週トライするも、一度も当たっておりませんが、プロ論を読むついでのふくびきに燃えております! 実はプロ論より、ふくびきになっちゃってますけど・・・・


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

リクナビNEXT

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。