突然のリストラなんて絶対にないワケ

リストラ

IT系にお勤めの方の悩みとして、

「常に最新のスキルをアップデートしていかないといけない」

というのがあります。OSがどんどんアップデートしていくように、それに合わせて常に勉強していかないと追いつかないというものです。

基幹系システムを扱う人も、システムがアップデートされればそれに合わせて動く必要がありますし、ベーシス系の人も日々進化するハードウェアの進化に注目していかなければいけません。

異業種への転職を考えるきっかけにもなるくらい、ついていくことの大変さを訴える人は多いです。IT系ほどでなくても、他職種も実は同じなのですが、IT系ほどプレッシャーはありません。

自分をアップデートする作業は年を追う毎に気力が薄れ、気づくと市場から置いていかれるという事があります。情報を取得しないからというのもありますが、ひとつの会社に長くいることで安住の地と考えてしまって、置いていかれるパターンも多いです。

突然のリストラという言葉がありますが、突然ではなくって、こういった置いて行かれ感を感じていないから突然と思うだけであって、実はだいぶ前からリストラ候補に挙がっているものです。

IT系は特に最新スキルをアップデートしないといけないですが、他業種も同じ事です。突然のリストラは本当にないんです。


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

リストラ

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。