エージェントを使って転職する人の割合を 「日本と海外で」 比べたら

先日、転職エージェント・ワークポート の担当者の方と会った記事を書きましたが、今日はその中で特に面白い!と思ったお話です。何が面白いかというと、

「日本における転職エージェントの利用率」

について初めて聞きました。転職エージェントを11社も利用したエージェントマニアなわたしも、こういった日本全体のお話を耳にしたことがありません。どんなことになっているかというと、

・日本で転職する人の数は、年間で300万人~350万人
・この中で ”転職エージェントを利用した人の割合” はわずか3%
・一方、海外での転職エージェントを利用した人の割合は25%

3%って9万人ですから、これかなり少ないですよね。ハローワーク、転職サイト、求人誌、コネなどの手段がありますが、97%の人はこっちですから、エージェントの知名度がまだまだです。

転職エージェントの知名度って低いよなぁ~ と思える体験談が自分にもありました。

転職エージェントを知っている会社、知らない会社

今まで5つの会社で勤務しましたが、3つは転職エージェントが当たり前という文化の会社で、2つは何それ?という文化の会社でした。何それ?の会社はというと、

「転職エージェントって、いくらかかるの?」
「なんとなく不安なんだけどー、それ」
「ヘッドハンティングでしょ、それ」

周りにこういう人ばかりだったので、「転職エージェントに相談すれば無料で転職できるし、ラクだよ」 と話したこともあるのですが、プロパーベテラン社員が多いんですよね、こういう会社は。その人にこの説明をすると、

「へぇ~、そういうのあるんだねー」

以上、終了です。一方、外資系の会社とかコンサルティング系の会社、IT関係なんかは人材が特に流動しているので、

「どこのエージェント使って、転職してきたの?リクエー?」

という質問を最初からしたりします。さらに、

「あそこのエージェントの担当って、どんな感じ?」

と、将来自分が転職するための情報収集をすることもあるくらいです。いくらかかるの?とはえらいレベルが違います。

日本での転職エージェントの歴史

これも初耳だったのですが、1987年にリクルート人材センターの分社化が日本の転職エージェントのスタートなんだそうです。ということは、日本のエージェントの歴史ってたかだか27年なんですね。

ビジネス自体が新しいからまだエージェント市場は浸透してないというのもありますが、先日ネットで話題になった「日本人は生え抜き好き」 というのが、根本にはありそうですよね。要はエージェントであれ転職サイトであれ転職には、まだまだ抵抗があるということです。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。