スカウトメールで喜んではいけない!

スカウトメール オファー

転職サイトからスカウトメールの着信のお知らせがくると、なぜかわくわくします。

『わたしの市場価値もまだまだあるのかな?』

そう錯覚してしまいます。ある程度年齢や自分のキャリアにマッチしたスカウトメールは来るのですが、その実態は?

どんだけ人が足りないの?

ERPコンサルタントという仕事をご存じでしょうか?有名どころで言えば、SAP社が提供するR/3というパッケージソフトです。これをクライアントに導入するお手伝いをするのが、ERPコンサルタントになるのですが、私もほんの少しの期間だけかじったことがあります。あの仕事をしていたのは10年近く前なのですが、私にくるスカウトメールの50%は

『あなたのERPのキャリアを生かしてみませんか?』

あのぉ~、10年前のキャリアをまだ求めてらっしゃるんですか?あの業界は確かに人の入れ替わりが激しいし、プロジェクトによっては超ハードです。

転職エージェントに聞いた話

ジョブエンジンエージェントで、スカウトメールをもらった時の話です。

『スカウトメールを出しても、返信率が極端に低いんですよ』
『なので、たくさん出して数件返信してくれればラッキーで、ほとんど返信はありません』

これが現実のようです。エージェントも何とか読んでもらおうと、職務経歴書をいかにも熟読したかのような文面にしたり、かなり詳細な仕事内容を書いてきたり・・・あの手この手で私たちを惹きつけます。

スカウトメールは広告

一方で自分がスカウトメールを出す側になった時の体験談です。リクナビNEXTを使って、募集をかけた時に分かったのが、お金をかければかなり広い範囲にスカウトをかけられるということです。

リクナビNEXTのスカウトメールの中には、どうでもいい不動産営業のスカウトや、フランチャイズのスカウトがいつもいつも届いたりしませんか?企業側はなかなか人が集まらないので、広い範囲でスカウトをかけて万が一でも引っかかればいいという感じで募集をかけます。

【リクナビNEXTのスカウトメール】プライベートオファー以外は価値なし!【リクナビNEXTのスカウトメール】プライベートオファー以外は価値なし!


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

スカウトメール オファー

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

2 件のコメント

  • 就職苦労人様

    同意であることをコメントさせてください。
    私自身も転職活動していた時、やはり『スカウトメール』というものが頻繁に届いており、
    うはうはな気持ちで応募、面接にいったら・・・。スカウトメールを送ったことさえ担当者はわかっていなかったようです。
    さらに、レジュメ(リクナビだと)をご覧になったからこそ、面談の調整して頂いたと思うところですが、
    レジュメさえ見ず、最悪「あれ?面接何って入ってたっけ。まぁいいや」何って言われたことがあります。
    その教訓から、私は転職活動をするときはスカウトメールは無視、自ら探し応募!しています。(今はしてませんが)

    長々と失礼いたしました。

  • ひろしさま

    コメントありがとうございます!

    ホントおっしゃるとおりで、認識してない人もいますよね。スカウトメールで勘違いしないように気をつけたいものです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。