35歳から考えておくべき 「50歳からの転職」

35歳からの転職

今、最も興味のあること、それはずばり

50歳からの転職

です。35歳で今、転職を考えているあなたは、自分があと15年後何をしているか考えた事ありますか?私はすごく考えてます、最近は頭のなか、こればっかりです。考えているだけではだめなので、具体的にこういう行動を起こしています。

1.アンテナをはる

私の周りには、40代後半で転職を成功された方を何人も見てます。みなさんの共通点は、「年齢を意識してないこと」。たかだか35歳で年齢のせいにして転職できない!なんて決して口にできる状況ではないです。今はランチや飲み会などで、どうやって転職できたのか?って必ず聞くようにしてます。手段も大切ですが、何を考えて転職したか聞くのも面白いです。

2.その飲み会やランチで見えた事

そこで会った方々の転職に共通していること、それは人脈です。

『知り合いからちょっと声かけてもらってね~、それで・・・』

転職サイトを使って転職、そんな発言した人は一人もおりません。私の職場にも53歳の新人が入社しましたが、内心びっくりしながらもすげぇ~って感心しました。さらになぜ声がかかったか?という質問をすると

『な~に、昔からの職場の仲間でね、腐れ縁ですよ~』

ほー、何気ない一言だけど、私の頭の中ではこの言葉、このように変換してました。

『腐れ縁でも信頼のおけるやつしか呼ばないでしょ、ましてや呼ぶ方だって周りからの目を気にするだろうし、それなりの覚悟がいるはず。よっぽど信頼のおける仲間だったんだ~』

結局仕事をしながらも、人間として好きか、信頼できるかってところをどこかで感じているんだと思います。それが50歳になっても消えないような人間関係をこの35歳の時点で築けていたら、50歳からの転職も可能。そんな先輩方のお話でした。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳からの転職

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。