ちきりんさんの『将来有望な将来有望な若者の将来価値を毀損する、大きなワナ 』を読んで

将来価値 毀損

ちきりんさんのブログで、ものすごく共感したエントリがあったのでご紹介します。そのタイトルは

『将来有望な将来有望な若者の将来価値を毀損する、大きなワナ 』

一部引用しますと、

というわけで今日のお話は、「やった!頑張った甲斐があって、就活もうまく乗り切れた!」とか、「まあ、オレのスペックならちゃんと大企業&大組織に入れるのも当然だけどね。」とか言ってる人は、実は「完全に周回遅れです」みたいな場所で人生最初の「働く訓練」を受けることがどれだけ自分の将来価値を毀損する可能性があるか、よーく考えてみたほうがいいんじゃないか、ってことなのでした。

で私も以前、切り口や視点は全く違えど、どこか共通する部分のあるブログを書いたことがあります。私の場合、今まで転職してきた会社を大小で表現するならば

零細企業 ⇒ 大企業 ⇒ 大企業 ⇒ 超零細企業(現在)

それぞれを対比するような感じで、箇条書きすると

<零細企業>
・人数が少ないので、ひとりあたりの仕事の役割が多い
・大企業でいう『他部署』という感覚がなく、他部署の仕事も意識して仕事ができる
・真っ白なキャンバス状態の業務も多く、自らがそこに何かしら絵をかかなくてはいけない
・給料が安い、社内的な人脈にも限りがある

<大企業>
・人数が多いので、ひとりの仕事の役割が細分化されている
・『部署』という意識が強い、もっぱら部署間調整に忙殺される
・真っ白なキャンバス状態は見当たらず、どちらかというと修正や改善が多い
・給料は高い、人も多いので振る舞い方によっては、よい人脈に出会える

私は転職回数が多いといわれるほうなので(自分では気にしてないけど、”普通”の人事は気にするので)、それでもちきりんさんの言うところ”周回遅れ”に巻き込まれることはありませんでした。

今いる会社は大企業の中の子会社なので、大企業の方と仕事する事が多いのですが、ちきりんさんの言う『自分の将来性を毀損する可能性』を既に実行してしまった方の多いこと、多いこと・・・・

私がいた大企業って例えば新卒がゼロとか、ちょっと特殊だったので今のような完全なるタコつぼ化された会社を味わうことがなかったのでびっくりする毎日です。

給料は減ってしまったけど、大企業に悪く染まっている という人を、冷静に判断できる人間でいられてよかったなぁと思う、今日このごろでした~ もちろんびっくりするぐらい優秀な人を大企業では見つける事ができるので、そこはいいなあと思ったりもします。

将来有望な若者の将来価値を毀損する、大きなワナ - Chikirinの日記将来有望な若者の将来価値を毀損する、大きなワナ – Chikirinの日記


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

将来価値 毀損

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。