35歳からの転職の「書類通過率」をエージェントに聞いてみた!

書類選考

大手エージェントに『35歳の壁』はあるか、質問してみる

実際、リクルートエージェントの方に『35歳の壁』というのはありますか?と聞いたところ、答えはというと、『あります』ということでした。35歳を過ぎると求人数がガクンと減るので、『35歳の壁』はあるという事でした。これが40歳、45歳と歳をとるにつれて、どんどん求人数は減っていきます。気持ちの壁ではなく、求人数が壁になるという意味です。

ではどこに 『壁の抜け穴』 はあるのか?私の体験談ですが、外資系は比較的年齢層が高いです。35歳から募集している求人もありますし、日本系企業に比べて間口は広いです。女性の活躍の場も、外資系のほうが開けています。日系企業がだめかというと、そうではありません。マネジメントレベルなどはこの年齢であって欲しいというのは、あります。マネージャーで考えると35歳というのは、まだ若い方という考えからです。

35歳からの転職の攻略法

外資、マネージャーなどいろいろ書きましたが、はっきりいって個々の企業にガンガン応募していくしかない!というのが、私の結論です。30歳までという年齢が書いてあっても、構わず応募です。

その年齢層だけが極端に少ない企業があるかもしれません、急に穴があいてしまって、すぐに人材が欲しいかもしれません。職務経歴書を見て、ちょっと年齢が高くてもいい!と言われるかもしれません。何もしないであきらめるよりは、とりあえず応募してダメなほうが全然いいです。

35歳過ぎの書類通過率

35歳過ぎると、書類通過率は20% とリクルートエージェントに言われました。

最初は、『そこまで悪くないだろ』と思っていたのですが、今現在20%という数字は当たっています。8割は書類で落ちます。キャリア次第ではこの数字がもっとよかったり、悪かったりします。

昨日も書きましたが、『あなたに合った企業は日本のどこかに必ずある』 これは間違いないと思います。下記の記事を読んで、現実は厳しいなぁと思ったりするかもしれませんが、自分は自分です。あくまで参考程度に読んでみてください。

35歳からの年収アップ転職体験記(リクナビNEXT)

 35歳過ぎの転職メンタル面

私のように転職活動も1年以上、そして35歳を過ぎていると、いろんな思いが錯綜します。私のように1年以上も活動していると、短期間で転職を決める方以上にいろいろ悩む時間が多かったのも事実。

35歳を過ぎると次の転職は今以上に厳しくなるという思いが、大企業志向になったり、給料を高く狙ったりして、ハードルを上げたりもします。しかし書類選考で落とされ、面接で落とされたりすると、だんだんどうでもいい気持ちになります。

内定がもらえないと、卑屈になったりします。たくさんの妥協をしたり、ハードルを下げたりもします。大企業でなくてもいい、給料は減ってもいい、勤務地は遠くてもいい、いやなサイクルへ入っていきます。家庭環境によっては、このハードルを思いっきり下げざるを得ないこともあるでしょう。

こんな状態になっても、面接官の態度が気に入らない場合は、こちらから辞退したこともありました。面接の雰囲気がいい加減な時も辞退したし、書類提出してみたものの、給料ダウンが大きいという時、辞退したりもしました。

やはり面接官が人間的に好きになれなかった場合は、35歳過ぎと言えど辞退すべきだと思います。歳をとると脳も退化するし、体力も落ちます。でも、人を見る目であったりとか、精神レベルは確実にUPしています。そう、年の功です。第六感を信じて、人間的に??という場合は、辞退もありじゃないかな?と思います。


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

書類選考

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

2 件のコメント

  • こんにちは 就職苦労人さん。書類通過率20%ですか、、、私が住む地方(超田舎)だと更に厳しいように思います。でも、『あなたに合った企業は日本のどこかに必ずある』私もそう思います。いつか必ず希望の会社に巡り合えると思っています。

  • K・AKIYAMAさま
    確かに都心部で20%と言われてますから、地方はさらに苦しいかと思います。
    ただこれも一般的な話で、ある地域では特需があるかもしれませんし。すべて20%と思ってしまうと、応募前からへこんでしまうので、あくまで一般論と割り切ったほうがいいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。