「年収」 はいくらあれば幸せになれるのか?

年収 幸せ

年収と幸福の相関関係については、以前よりいろんな記事があります。例えば、

プリンストン大学の調査により、世帯年収が7万5000ドル(約631万円)以下の人では収入と「喜び」や「満足感」といった感情は比例するのに対し、7万5000ドルを超えると「稼げば稼ぐほどハッピーになれる」というわけではなくなってしまうことが明らかになりました。(Gigazine)

単純に考えると、年収は多い方が幸福と考える人が多くて、だから一生懸命働いて豊かな生活のために頑張る。しかし一生懸命働くことには、犠牲が伴います。年収と 「役職」 は相関関係にありますから、年収が増えていくと次第に「役職」もあがります。

「役職」 が上がると責任も増え、たくさんのストレスがかかるようになります。一プレイヤーとしてのびのびできていたあの頃とは違います。このあたりから、

「あれ?年収も増えたし、役職もついたけど、毎日が疲れているような・・・・」
「いったい何のために働いているんだろう・・・」

という疑問がふと湧いてきます。振り返らずに進んできた道に、ふと疑問をもつ日が来ます。疑問をもったのはいいけど、気づくと自分の肩にはいろんなものを背負っています。家族を養う事、住宅ローンを返す事 など生活レベルが上がっているのはいいけど、降ろすことができない自分がいます。

こういうお話は本当によくある話ですが、だんだん価値観が変わりつつあって、この年収を増やさずとも、生活レベルを維持しながら、幸福度をあげることができる人が、若い人の中で増えています。とてもいい流れだと思います。

わずか10年で世の中は大きく変化しているし、ここから10年後も大きく変化していくのは確実です。目に見えて変わっていくのは、第二次ベビーブームであるブログ読者様の皆様が、40代・50代にシフトしていくことです。

プロ野球の球団のスポンサーが、この10年で様変わりしてます。嵐はまだ活躍していると思いますが、SMAPは何かしら変化していることでしょう。幸い東京オリンピックが2020年に開催されるので、7年後の目標を立てる方が多くなっています。

世の中の流れに無理について行こうとするのではなく、その変化を感じて柔軟に受け入れる事ができる歳の取り方 をしていきたいです。自分の今までのキャリアや経験というのは、もちろん役に立つと思います。しかしその「貯金」を振りかざす歳の取り方はしたくないです。

そういう生き方ができれば、「幸福」がついてきて、あとから「年収」がついて来るって思います。年の瀬なので、とくに編集することなく、だらだらと書いてしまいました。


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

年収 幸せ

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。