「有給消化」 ができる会社、できない会社の違いって?

有給消化率

年末年始のお休みが近づいてきましたね。早い人だと既に連休に突入している人もいます。一方でギリギリまで働いている人もいて、この違いってなんなんだろう?と考えてみました。

1.「日系企業」 と 「外資系企業」の差

やはり「外資系企業」は休みが長いです。アメリカなどはクリスマス前からお休みをとって、逆に正月明けはすぐ仕事する事が多いです。日本にいる外国人は、「クリスマス+日本の正月休み」を合わせてとって、相当長いバケーションに突入します。でもって、そういう事をするのが役職な人なので、日本人も引きずられて

「ボスもいないし、わたしたちも休んじゃおう!」

ということで、10連休以上休んだりします。「日系企業」には、なかなかないですよね。

2.上司・同僚の影響

1.ですが、「ボスがいないと休む」っていう発想は、上司にひきずられているということです。上司がワーカホリックだったりすると、部下も休みづらいです。

「率先して休んでくれる上司」

仕事もきちんとして、思いっきり休んでくれる。さらに部下にそれを奨励するような上司が理想です。わたしがリーダーだった時は、下手くそでした。

「部下にはとにかく休んでもらう、でも自分は出てしまう」

部下がいるとやりづらい人事評価などは、ここぞとばかりやってました。心理的に、上司や同僚を意識してしまいがちです。

3.仕事能力の差

転職直後とか、自分の仕事能力にどこか負い目を感じてしまっていたりすると、何とか追いつこうという気持ちからか、休まないんですよね。でも、あとで振り返ると、その1日を頑張った事が大勢に影響するかというと、まるで関係ないんですよね。長い目で見ると、休まなかった後悔の方が大きいです。

4.人事部(HR)の数値目標達成のため

よく人事部が、「有給消化率」を目標にしている会社があります。きちんと有給消化をしている会社は、目標すら立てないので、数値目標にしている会社ほど、休みがとりづらいです。他部署よりも数値目標が立てづらいため というのもあります。

5.自分自身の問題

外資とか、上司とか、自分の能力、部署の空気とかいろいろありますが、結局は自分自身がどうしたいか だけの話なんですよね。たまにいますよね、

「空気読めよ!こんな忙しい時に、有給休暇とりやがって」

とか言う人。休まずに1日多く仕事をしても、その時の記憶って全く残りません。でも、その1日で海外旅行に行けたとしたら、その記憶は一生残ります。同じ24時間でも、全く違うものになります。

転職の優先順位に、「休み」が入っている人は、この年末年始にどれくらい休んでいるか、面接でさらっと聞けると何かが見えるかもしれませんよ。長期で休んでいる会社は、有給消化もできていますね。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

有給消化率

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

1 個のコメント

  • 「三流大学卒が転職コンサルに絶対無理と言われた超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍」 非常識な転職「大」成功術!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。