【国民世論調査より】何が人生において大切か、年齢や時代とともに変化していく

内閣府が、平成25年6月に「国民生活に関する世論調査」というものを発表しました。この中で、「生き方・考え方について」という項目があり、世代別・時代別に推移を見ていくと、

「何が人生において大切か、年齢や時代とともに変化していく」

事が見えてきました。これが分かっていると、35歳を過ぎてからの会社選びにもいい影響を与えるんじゃないか? そう思って記事にしてみました。
まずはこちら、「働く目的は何か?」 という質問に対して、20歳以上のすべての世代、6000人に質問した結果です。

国民世論調査

見て頂きたいのは2つ。「お金を得るために働く」と答える人の割合が、30代66%をピークに、40代62.2%、50代56.1%、60代41.6%とどんどん減っていきます。一方で「社会の一員として、務めを果たすために働く」という人の割合は、30代12.6%、40代15.9%、50代17.5%、60代17.6%と増えていきます。

「歳を重ねるほど、お金よりも社会との係わりを重視する」

という事が分かります。歳を重ねると会社を退職し、隠居生活に入ります。仕事を得るのも難しくなるので、だんだんと社会から離脱していきます。

「お金以上に社会とつながっていたい」
と思う人が、歳を重ねると増えるというデータです。この傾向は、平成25年だけの話なんでしょうか?12年前の平成13年から、推移を見ていきます。

kokumin2

上記グラフから、

「お金を得るために働くと考えている人の割合はどんどん減り、一方で社会の一員として働きたいと思う人の割合が増えている」

という結果になっています。一方で、こういう見方もできます。

「高齢者が年々増えていくから、お金を得るために働く人が減っている」

これはひとつあると思います。でも、「何らかの形で社会貢献したい」というモチベーションであったり、インフラは、少なくとも平成13年の頃よりは格段と上がっています。東日本大震災の影響も大きいと思いますし、最近ブームである「働く」というテーマの本が流行っている事からも言えます。

実際データ通りに行動している人は、まだまだ少ないかもしれません。でも「思い」という意味では、これだけの日本国民の意識が変わりつつあるということを、この調査は意味しています。あとは実行する人が多くなると、もっともっと面白い世の中になると思います。

データ元:http://survey.gov-online.go.jp/h26/h26-life/2-3.html


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。