転職活動に影響する?住宅ローンの審査項目の上位をチェックしてみる

転職 住宅ローン

30代、40代は家族構成が変化して、住宅の購入を検討する時期です。

国土交通省が発表した「平成28年度民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」にある、金融機関がチェックする住宅ローンの審査項目を見てみました。上位項目が下記になります。

1位:完済時年齢 98.8%
2位:借入時年齢 97.6%
2位:健康状態     97.6%
4位:担保評価       97.2%
4位:勤続年数     97.2%

仕事に関連する項目がいくつもあるのですが、年収は94.4%なので審査項目としては上位です。雇用形態(78.2%)、正社員か派遣か自営業かというところも、しっかりとみられます。しかし、業種(29.4%)や雇用先の規模(16.7%)に関しては、審査対象から外れている金融機関も多いです。

こうやって銀行に仕事関連の項目をローンを組む際にチェックされると、積極的に転職しようという気が失せる気もします。転職をすると、金融機関への報告がまず必要になります。これが面倒だから、今の会社でいいかという理由のひとつにもなります。また、ローンの借り換えをしようとすると、勤続年数が審査項目として上位にあるので、転職してすぐにローンの借り換えの審査が通らないこともあります。

社内融資を利用した住宅ローンを利用している方などは、なんとか定年まで会社にいようと思うはずです。

住宅ローンと転職

これは肌感覚でしかないのですが、わたしの周りの賃貸組はやはり転職を積極的に行っています。足かせになるものが何もないので、次々と職場を変えていくイメージです。対して住宅ローンを組んでいる人は、あまり転職に積極的でない気がします。

中には住宅ローンの返済前倒しをモチベーションに、転職をして年収を上げて返済を早めると動いている方もいるので、住宅ローンという重荷をその人がどう考えているのか・・・それ次第ではあります。

借金の返済がわたしのように足かせと考えてしまう人は、やはり住宅ローンで人生を固定してしまうのはお勧めしません。何度も転職できたのも、ローンがなかったからという部分もあります。一方で、返済モチベーションで仕事している人を見ると、それはそれでパワーがあってみていて気持ちいいです。

こういう審査項目って、ひょっとして転職活動のブレーキになっている気がするな・・たまたま見つけたこの資料を見てそう思いました。

平成28年度民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

転職 住宅ローン

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。