1万回以上面接経験のある人事とやった 「模擬面接」

模擬面接

ある元人事マネージャーが、

『わたしは何千人、いや何万人も面接で人を見てきたんですよ~』

若干自慢げに?私に語ってきました。その方は後にエージェントへ転身されるのですが、私も面接官をすることになり、

『どういう質問を、面接ですべきですか?』

と聞いてみました。

『じゃぁ、模擬面接という形で1回やってみましょうか?』
『はい・・・い、いいですよ』

とこんな感じで模擬面接が始まりました。最後に総括とポイントを教えてくれたので、それをここに書きます。いろんなサイトに載っていることなので、ちょっと違うなぁと思ったところだけ書きますね。

会社を選んだ理由、退社した理由を簡潔に説明

この簡潔にというのが、かなり重要かもしれません。私は以前の面接で人事の方に、”詳細に”  と言われ、真に受けてそのまま詳細に話したら、役員に ”簡潔に話せ” と怒られた事があります。職務経歴書の説明は、何回したか覚えてないくらいしてますが、入社退社の理由は最初してませんでした。でも、毎回質問されるんですね、この部分は。

学生時代や最初の会社を選んだ理由

35歳を過ぎていれば、学生時代の会社選びなどほぼ理由などない!そう思う方も多いのでは。私もそうなのですが、この元人事の方は、面接で必ず聞きますよ!と自信をもって言うのです。私が面接官の時は聞きませんでしたが、ベタな人事が面接官の時は確かに聞かれますね・・・。

相手の立場で共感できる部分を多く盛り込む

できるだけ応募企業特有のキーワード、業界用語などをちりばめることで、『この人、企業研究しているな』 と思わせることができます。また自分の知らないことよりは、知っていることを話してくれた方が共感もちますよね?これは面接でも同じこと という事を教えてくれました。そりゃそうだ。

いろいろ教えてもらったのですが、さすが元人事。ベタすぎるアドバイスが多かったので、私が面接官の時は、ぜんぜん違う方法を本で学んで実行しました。面接官も数をこなしている方というのは、ちょっと自分の実績に酔っているんじゃないかと。その実績に当てはめて、はまった人が合格。これもぶっちゃけ、面接官の採用基準になったりもするそうです。

これが面接官のホンネだと、愕然とするのですが・・・いかに相手の立場に立てるかという意味では、重要だなと思った出来事でした。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

模擬面接

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。