三大メガバンクのリストラに見る「世の中の流れ」についていくということ

三大メガバンク リストラ 転職

ちきりんさんのこの2つのツイートを見て、あることを思い出しました。

わたしが世の中の流れについていけているのかと言われれば、そうは思っていません。てか、そもそもついていきたくとも、どうついていっていいのか分かりません。

情報収集というか好奇心は、今のところ年齢を重ねても旺盛なままです。キャリアも含めいろんな情報を入手しておりますが、情報集めだけでは世の中の流れについていっているのではなく、その流れを川のほとりで見ているだけです。

ただ、何か川の流れが変わったときに、ためらうことなくサッと新しい流れに乗る・飛び込むことはできるかもしれません。それは5つの会社で働いた経験が生きていて、これが1つの会社で20年以上働いていたら、なかなか次の流れに乗り換えるのは気持ちだけはそう思っていても、体がついていかないんじゃないかなと思います。歳を取れば、その1歩が重くなるとよく言われますが、20年という月日がおもりのように体にまとわりついて、身動きとれなくなります。

AIうんぬんの脅威の前に、今まで安泰とされてきた企業の内部のボロが出てくるはずです。そんなとき、大企業ほど会社自体が身動きがとれないし、なんとか今を守ろうとするから妙な延命を繰り返して、たちが悪いです。膿を出すとはいうけれど、なかなか自分が経営者の代ではやりたくないとか、株主等の批判を受けるのもイヤだからと、なかなか思い切ったことができないことが多く、その被害が雇われている社員に及ぶことがよくあります。

自分の会社が世の中の潮流に乗れている会社なのか、沈みゆく船なのかというのは、その業界にいて肌感でその会社にいる社員も分かっているはずです。ちきりんさんのツイートやブログでは、銀行、教育、自動車、アパレルなどが例としてあがっていますが、思いもよらないサービスが突然現れて、既存の産業をさらっていくなんてことはたくさんありそうです。

今日のこの話、なんとなく鴨長明の方丈記「ゆく川の流れは絶えずして、もとの水にあらず」と通ずるものがあるなぁと最後になって思いました。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

三大メガバンク リストラ 転職

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。