独身か既婚かで、転職に有利不利はあるのか?

既婚 独身 転職

30~40代の転職に不利なのは「独身」それとも「既婚者」?

を取り上げているニュースがありました。独身のイメージ、既婚者のイメージがどんなものだったかというと、

既婚者のイメージ

・マジメに仕事する、簡単に辞めない
・家庭のために必死に頑張ってくれる(男性)
・仕事より家庭や子どもを優先する(女性)

独身のイメージ

・身軽で、すぐ辞める
・結婚してないと、一人前でない
・40を超えて結婚してない人は、どこか欠けている部分を持っている

男性と女性でもイメージが違っていました。

面接で「結婚しているか、してないか?」を質問してくるような不思議な会社や面接官は、こういうイメージを持って判断基準にしている可能性もあるので、こちらからお断りしたほうがいいです。

当たり前ですが、既婚・未婚が採用の判断基準になっている事がおかしいので、イメージは気にする必要はないですが、営業の方は既婚イメージを利用したりしますよね。例えば、

・結婚している事をアピールするために、わざわざ結婚指輪をしていく
・子どもがいた方が温かいイメージを持たれやすいので、あえて子どもの話をする

面接で「既婚・未婚」をどう利用するか?

「自分のプラスに働きそうならばイメージを利用すればいいし、マイナスならば何も言わない」

というのが、賢いイメージの利用の仕方になると考えます。会社での自分を演じている人は、相当多いはず。家庭的だから仕事にプラスとか、独身だから仕事にマイナスなんて全くあてになりません。

履歴書に配偶者あり・なし や既婚・未婚を聞くタイプの履歴書がありますが、こういうフォーマットを使わなければいいかと。但し、パート・アルバイトさんだと、扶養控除で人事が知りたがる事はありますよね。

わたしが最もお世話になった転職エージェント→   リクルートエージェント

既婚 独身 転職

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。