AIが書類選考や面接など採用プロセスに参入する時代なんだ

AI 学歴 採用 書類選考




ちきりんさんの最近のエントリ「学歴よりSNSが大事」の本当の意味 が面白かったので、取り上げます!

人事分野では今、AIの活用が急ピッチで進んでいます。今後、採用や評価プロセスの多くは、AIに置き換えられていくでしょう。そうなった時「あなたがどんな人か」を判断するベストな基準は、大学名や以前勤めていた会社の名前ではなくなります。
引用元:http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20171219?platform=hootsuite

SNSを単なる友人とのコミュニケーションツールとして使って楽しむのも、もちろんいいのですが、もしこの流れが定着してくるのならば、SNSを使ったセルフブランディングが大切になる時代が、もうすぐそこまで来ているということになります。

例えばTwitterのフォロワー数をたくさん集めるような人はその発信力に何かしらの魅力があるわけだから、フォロワーが集まります。そういう影響力を知らない誰かに与える力のある人というのは、いわゆる「ガチ」な人です。会社に居ると、どうしても周囲が認めているからなんとなく認めるという上司や同僚も多いと思います。しかしその人が転職して活躍するかというとそうでなかったりして・・・ガチではない人ですね。

Facebookも友人のいいね!集めをしている人ではなく、定期的に発信をして知らない誰かからいいね!をもらえるような影響力のある人は市場価値が高いと思います。どんな情報が世間には響くのか、臭いを嗅ぎつける能力に長けています。

Instagramだって写真のきれいさで勝負しているかもしれませんが、漫画を描いてたくさんのフォロワーを集める人もいれば、面白い動画をアップしている人もいます。こちらも情報の感度が高い人です。

これらSNSの動きは決して若い人だけではなく、先日会った60歳の人はとうとうFacebookを始めて使いこなしていました。始める年齢なんて関係なくて、いくつになっても好奇心を持ち続けられるかどうかが大切だと思いました。

銀行が急に人気の就職先でなくなったように、今までの人材採用プロセスも大きく変わっていくのだと思います。特に人事の面接1万回経験してきました、書類選考5万枚やりましたという人は、AIの選ぶ人材と自分が選ぶ人材との違いに愕然とするかもしれません。そんな面白い時代がこれからやってくるのかと思うと、楽しみで仕方がありません。その時が来る前に、少しでも若いうちに自分から発信する能力というのを身につけておくべきでしょう。そのスキルを、AIが評価する時代はすぐそこです。

予想年収と内定会社数を無料診断→   その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

AI 学歴 採用 書類選考

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。