ガイアの夜明けの「介護離職」の回をみて

介護離職

家族の介護や看護のため、仕事を辞めたり転職を余儀なくされたりした「介護離職者」は、去年秋までの1年間で14万人に上り、過去10年間で最も多くなった。男性の数も増加傾向にあり、約半数は40代から50代の働き盛りだ

今回放送されたガイアの夜明けは、私にとって考えさせられるものでした。

私も実は介護離職者

私の転職の理由のひとつが、この介護離職でした。とはいえ、両親とも現在は健康ですし、つきっきり介護が必要というわけではありません。両親は地方に住んでいるので、もし深刻な病気になってしまったら、私が行って面倒を見なくてはいけません。今回は何回かの帰省でカバーできる程度だったのですが、連続2週間以上の休みがもらえなければ、母は入院を決断しなかったと思うので、今振り返ると辞めて正解だと思っています。

こういう方って結構多いのでは?そう思う番組内容でした。

誰にでも起こり得る介護離職

家族や夫、妻が病気で倒れる、または自分自身が倒れるという事は誰にでもあります。自分自身に関しては、私は定期的に運動するようにしています。すべてにおいて健康が最優先という考えで、私は生きています。しかし、家族に関してはどうしようもありません、これは天命に任せるしかないんです。

そうなるとやはりサラリーマンというのが不安です。60歳近い方が、介護離職して仕事探している姿はそれはそれはつらい映像でした。サラリーマンでなければなんなのか・・・・いつもこの事ばかり最近は考えています。会社にいながら、次は何かアンテナをたてて過ごしています。

日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

介護離職

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

1 個のコメント

  • おはようございます。私は実は2回程体調を崩して仕事を辞めています。私の場合子供のときに脳梗塞をやっており後遺症の為あまりの過激勤務になると身体をこわしてしまい介護をしてもらわなくては生活できなくなる事があります。直近の前職は夜中一人でトイレにいけなくなり毎晩旦那を起こすはめになり仕方なく辞めました。その後の回復するまでも3ヶ月かかりました。
    これから介護しなくてはならない方が増えると思います。介護の為に離職を余儀なくされた方には就職のあっせんがあってもいいと思います。
    60代での転職活動、辛いですね。シルバーも、なかなか、ないとよく耳にします。いろんなことを経験している方を優先的に雇っていただけるように企業の見方も変わっていけばいいなと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。