転職活動はゆっくり年中おこなっておくといい

年間通して

転職活動って、

1.ものすごく会社がいやになった時
2.今のままではキャリアアップができないと思った時
3.会社都合でリストラにあった時
4.給料が激減した時

など、会社にどこかで見切りをつけたり、つけられたりした時にそれっ!といって動き出す方が多いと思います。20代や30代前半ならば、そこから転職活動をしてもいいのですが、35歳を超えるとそれっ!っていっても仕事がなかったりします。で私の場合なんですが、

『常に転職活動はしておくべき』

と思っています。これは年齢を重ねれば重ねるほど、やっておきべきです。

1.エージェントには常に登録しておき、自分への引合があるかをチェックする

ちょっとエージェントさんの営業がうざく感じることもありますが、自分に市場価値がないと全く連絡がきません。連絡くるってことは、まだ自分いけるんかな?というチェック機能として利用してみるのもありです。ただ、リクルートエージェントさんみたいに半年短期一本勝負、アラフォーにあまり積極的でない会社などに登録してもだめです。

2.交流会とか薄っぺらいやつじゃなくって、深い人脈を日ごろから大切にする(飲みにいくなど)

私の場合は前の会社つながりが多いです。まずはその人に連絡するところから始まるのですが、私はガチな仕事でまず連絡します。で仕事を進めるのですが、気づくと飲み会になっていて・・・で誰かが誰かを呼んで来て・・・気づくとあれ?ものすごい輪になってます。

ぽろっと仕事の話をすると、『こんなのあるけど、興味ない?』 そこには年齢も学歴も社歴も何もありません。唯一、人間としての信頼関係だけの声かけですが、これ最強です。

3.日々の仕事で外部の方と接する機会を増やす、でWIN-WINで仕事をする

取引先でも辞める時に声がかかることがあります。ひたすら上から目線で、罵倒するような取引ばかりしていると絶対に声がかかりません。でもスマートな仕事をしていたら、声がかかることがあります。

4.転職する気はなくとも、なんとなく転職サイトを見ておく

3か月に1回程度、転職サイトをチェックしてみましょう。思わぬお宝案件が眠っていることがあります。メール登録しておけば、定期的に送られてくるのでたまにチェックしてみてはいかがでしょうか?


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

年間通して

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。