5月病対策のために知っておきたい「完璧主義と燃え尽き症候群」の関係

燃え尽き症候群

新年度がスタートして、新しい環境で張り切っている方も多いかと思います。4月にものすごく頑張って、ゴールデンウィークを迎えると「5月病」になってしまう35歳以上が増えています。「新5月病」というネーミングで、以前は呼ばれていました。

ライフハッカーの記事によると、完璧主義者は燃え尽き症候群と密接に関係しているということが分かったそうです。

分析結果の中で興味深かったのは、完璧主義における、不完全さへの恐怖や間違いをおかすかもしれない恐怖心や感情は、燃え尽き症候群を助長する一定の影響があるということです。さらにおもしろいのは、この関係性はスポーツや教育の場面より、職場で圧倒的に強く見られたということです。
引用元:http://www.lifehacker.jp/2016/03/160325perfectionism_and_burnout.html

この対策として、成功の尺度を「完璧さ」に求めないという動きが広がっています。

勤勉さや柔軟性、忍耐力のほうが完璧主義よりもずっと大切なのです。Google社は社員の失敗を、「仕事を妨げる不安を取り除く努力をした」と見なして報酬を与えるという大きな取り組みを始めました。
引用元:http://www.lifehacker.jp/2016/03/160325perfectionism_and_burnout.html

少し前に話題になった大阪にある太陽パーツという会社。年間利益を吹っ飛ばすという、大きなミスをした社員に「大失敗賞」を与えたそうです。

「失敗やミスに寛容であれ」

こういった動きは少しずつ広がってはいますが、まだまだ主流にはなっていません。しかし、失敗やミスを恐れていると、チャレンジ精神がシュリンクしてしまうし、面白いことができない企業体質になってしまいます。

今頑張ったことは、GW前に結果として現れることは少ないです。あまりあせってもすぐには結果につながることは少ないので、まずはゴールデンウィークを充実させることを考えて、休み明けの下準備期間として働いてみてはいかがでしょうか?スピードの出し過ぎで、速度違反にならないよう、じっくり行きましょう!半年後には、何かしらの成果になっています。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

燃え尽き症候群

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。