会社を辞めたいと思ったら今すぐ?それとももう一度考え直す?

転職の選択肢

転職コラムで、ちょっと待った!「会社辞めたい」と思ったら、もう一度考え直してみよう!という記事を、よく見かけます。

  • その会社で、本当にやりたいことはないのか
  • 本当に、辞めたいという気持ちはあるのか
  • 勢いで転職する人は、失敗する

なんとか踏みとどまってもらいたい、そういったお話が多いのですが、わたしは「素直に、自分の気持ちに正直になって、転職活動をスタートしてみれば?」そう思います。

選択肢は多いほうがいい!

勢いで転職すると失敗すると言いますが、勢いがないと転職に踏み切れないのも事実です。えいっ!っていう、あの気合がないと、そう簡単には転職活動できません。今までの習慣(決まった通勤路があって、決まったオフィスがあって、決まったデスクがある)をすべて断つ行動というのは、やはり勢いがないとだめです。

辞めたいというその勢いのまま、とりあえず転職活動してみるのです。転職したいという意志なんて、何回か満員電車で揺られたら、忘れちゃうくらい最初は弱い決心だったりします。勢いで転職活動すると、他社の「芝生の青さ」が見えてきます。隣の芝生の青さも見えるのですが、自分の会社のいいところも見えてくるし、やっぱり悪いという判断になるかもしれません。

結局、他と比較しないと、自社がどうなのかよく分からないのです。選択肢を増やすことは、決して間違いではありません。転職活動中であることを、上司や同僚に言わなければ、他社がだめそうなら、黙ってそのまま働き続ければいいだけです。なかったことにすればいいのです。

一歩踏み出すことが、どれだけ難しいかは、皆さんもよく分かるはずです。どんなきっかけかは知りませんが、転職しようと一度心に決めたのなら、迷わずまず活動してみるべきです。ちょっと待たなくていい、待ったらその決心はすぐ消えてしまいます。

勢いで飛び出して、見つけられるだけカードを集めて、そのカードの中に今働いているところも混ぜて考えてみてください。その結果、働き続けるという回答になったら、それはそれでステキな答えを見つけたことになります。

意外と転職にちょっと待った!をかけることは簡単で、むしろ一歩踏み出す方が本当にハードルが高いです。ハードルが高いのですから、その勢いを殺さずにいきたいものです。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

転職の選択肢

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。