履歴書の「趣味・特技」欄を生かすことがNGなのか?

履歴書 趣味特技




履歴書の趣味に「読書」と書いてはいけないワケ

2015.05.14

以前こういう記事を書きました。要はただ「読書」と書くと、その他大勢の履歴書と何ら変わらない差別化できない履歴書になるので、わたしなら作品名や作家の名前まで書くし、そこを面接で質問されてもいいように、その本に関係する仕事上で実際あったストーリーまで準備しておきます。

いやらしいかもしれませんが、管理職として転職するのなら「リーダーシップ」の大好きな本を書いておいて、どうやってその本を使ってチームをまとめあげたか、そこまで計算して面接に臨みます。仕事で大きなミスをした経験は、誰にでもあるかと思います。そういったミスを、本のおかげで克服し、次の成果に生かすことができたというストーリーを作ったりもします。

ビジネスにつなげた履歴書の「趣味・特技」欄

今回読んだ記事には、このようにありました。

人事担当者の趣味と合致すれば、面接で盛り上がることもあります。しかし、書き方によってはマイナスの印象を与えかねません
引用元:https://news.nifty.com/article/item/neta/r25-00051484/

例として、ゴルフや野球に熱中することをアピールし過ぎて、人事を不安にさせることもあるという話が記事にあります。そして、最後はこのコトバで締めくくられています。

『趣味・特技』に知恵を絞るより、『志望動機』や『自己PR』を厚くしたほうが採用につながります」と中谷さん。“人となり”を見るものとはいえ、プライベートを明け透けに書けばいいというわけではないようだ。「ビジネスにつなげること」を念頭に置いて準備することをお忘れなく…。
引用元:https://news.nifty.com/article/item/neta/r25-00051484/

結論として、わたしは無難に「読書」「映画鑑賞」とだけ書くぐらいなら、やはり「履歴書上の種まき」はすべきだと思います。そこでプライベートの話だけするのではなく、ビジネスの話に持っていって、種まきしたものをしっかりと刈り取るべきです。

面接官によって、「刺さるポイント」はバラバラです。無難にいってスルーされるような内容ならば、それは書いてないのと同じことだと思います。履歴書上で仕掛けるポイントをあえて作り、それに伴う「ビジネス上」のストーリーを持って、面接に臨むことが大切だと考えます。

前フリをしておいて回収するそのしぐさは芸人さんのようです。

予想年収と内定がもらえる会社数をすぐ診断!無料!転職力診断テスト@type

スポンサーリンク

履歴書 趣味特技

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。