雑談形式の面接に潜む4つのワナ

フリートーク 面接

雑談力関連の本が、とにかく人気です。会話の中で雑談を楽しむために購入する方もいますが、転職活動中の面接においても、雑談力が試されるようになっているため、人気があるものと思います。

わたしは雑談面接と勝手に呼んでいまして、面接において重要だと思っていますし、何度も経験しています。実際にわたしが体験した雑談面接の4パターンをご紹介します。そのうち2つは面接のワナです。

内定がほぼ決まっていて雑談する面接

内定をもらって内定通知書(オファーレター)が来るまでの間に、人事に呼ばれてカフェでお話をした経験があります。入社前のプチ歓迎会のようなものだったので、入社後の上司や同僚がどんな人なのか、面接では話せない人事からのオフレコなど、入社前に重要な情報をもらいました。

カフェでのお茶だったので、全く面接を受けている感じではありませんでした。それでも試されているのかな?と思ったので、若干警戒しつつ、最終的にはその会社に入社しました。入社前に雑談の機会を頂けるのなら、ぜひ参加したほうがいいです。

本来の力を発揮してもらうための雑談面接

自分が面接官の時にもやったんですが、面接で緊張してしまって、成果を発揮できないと採用する側も採用される側も不幸なので、雑談で緊張をほぐし、本来の力を発揮してもらうために「雑談面接」をします。

意外と現場社員の面接ではこのケースが多く、百戦錬磨の人事は、型にはめた面接をしたがるので、雑談なしがわたしは多かったです。できる人事の方は、雑談面接を多用するような気がします。

ワンパターンな想定問答を回避するための雑談面接

「それでは自己紹介と、志望動機から聞かせて頂けますか?」
「あなたの長所・短所について、教えて頂けますか?」

面接でこういったありきたりな質問は絶対にしません。

意地悪と言えば意地悪なんですが、応募者のほとんどは何を質問されるか、だいたい想定できています。それに対しての回答も当たり前に準備してくるので、そのやりとりだけで判断したくないから、「雑談面接」に切り替えるというものです。

「昨日は台風がすごくて、わたしは午後出勤だったんです。あなたの会社はどうでしたか?」

面接に関係ないお天気の話や、ドラマの話、最近のニュースなどの質問を8割以上しておきながら、2割でホンネに迫ります。

「あまりドラマは見られないんですね~、情報収集は主にどこからとっていますか?」

ストレートに「情報収集はふだんどうなされてますか?」と質問するよりも、想定問答感はなくなっています。雑談面接にしているのに、ちょっとだけホンネに迫った瞬間に、

「はいっ!わたしの長所は協調性のあるところです」

と、面接の答えの丸暗記を発表される方もいます。きっと順応性とか適応性が高くないのかなと判断するわけです。さらに雑談面接は、地頭のよさも試せます。芸人の世界で例えるならば、

「ネタは面白いけど、フリートークがだめ」

と同じです。ネタはあらかじめ考えられた、いわば想定問答。対してフリートークは何がくるか分からない、でも返しひとつでお客さんを笑わせる これと全く同じことです。

コミニケーション能力を見るための雑談面接

「コミニケーション能力には自信があります!」

といいながら、いざ雑談を始めると、話の間が空いてしまって、実は雑談が苦手という方もいます。特に営業職やコンサルタント職ならば、面接の場の空気すら面白く、柔らかくできないといけません。それが「雑談力」であり、「雑談面接」で最も試していることです。

何も聞かれないまま、ただ雑談だけして、面接が終わってしまった経験があると思いますが、採用する側が意図的に雑談を仕掛けていることもあります。雑談力を磨いて、損はありません。

わたしが最もお世話になった転職エージェント→   リクルートエージェント

フリートーク 面接

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。