佐藤優さん「40代でシフトする働き方の極意」を読んでの感想

40代でシフトする働き方の極意 佐藤優 感想 書評




仕事人生の後半戦は「捨てる力」が左右する!

青春出版社から発売になったばかりの佐藤優さんの著書「40代でシフトする働き方の極意」を手に取りました。佐藤優さんは超売れっ子作家さんであり、元外務省主任分析官で、わたしも何冊か著書を読んだことがあります。少し難しい内容をイメージして読み始めたのですが、かなり読みやすい内容になっており、40代からの仕事について悩んでいる方は手に取る価値のある本だと思いました。

仕事が忙しく頑張っている人ほど危険

一番怖いのは、漫然と40代をすごしてしまうこと。目先の仕事の忙しさに流され、それをこなしているうちに気がつくといつの間にか50歳。管理職の道は閉ざされ、給料は一向に上がらない。50代からは転職も独立起業もさらに難しくなります。
引用元:40代でシフトする働き方の極意(青春出版社)

周りにいませんか、こういう同僚や友人が。忙しいとばかり言っている割にビジョンがないし、今さら転職なんてといって若干退職金に期待を寄せていたり・・・60代に入るとさらに会社に残ることが厳しくなるので、それすらも怪しいという佐藤氏の考え方は納得できます。さらに、こんなことも書いてあります。

キャリア転機は早いほうがいい場合も

むしろ、40代でキャリア上のつまずきがあった方がいいこともあります。たとえば40代なかばで自分の望まない部署に転属させられた、思いがけず出向させられたなど、現実に直面し将来を考えざるを得ない状態に追い込まれた方が、本人のその後にとってはプラスになるかもしれません。
引用元:40代でシフトする働き方の極意(青春出版社)

わたしの知人でも30代でまさかのリストラにあってしまった女性がいます。彼女に会う機会が会って話を聞いてみると、「むしろ会社にしがみついているよりも、早い段階でリストラにあったおかげで自分のやりたいことが見つかった」と言っていました。

「災い転じて福となす」とはこういうことかと思ったのですが、漫然と40代を過ごすよりもむしろ荒療治的にレールから外れるくらいのほうが、人生トータルで考えるといいということもあります。

また、SNSで時間が奪われているというところで共感したのが、歳を重ねるごとに持ち時間が限られるという表現です。そのあと細かいことは書いてないのですが、例えば老眼が進むと文字の焦点を合わせるのに余計に時間がかかります。ひざの痛みがあれば、取引先まで行くのに、若い頃よりも時間を要します。そうやって体の衰えから、余計に時間がかかってしまうこともあります。一方で経験は蓄積されているので、要領の良さだけは身についているのですが、それが習慣となって刺激がなくなってさらに衰えるということもあります。

かなり読みやすい本だったので、わたしは1日かからず読み終えました。40代以降の人生をどう生きていくのか、何を残し、何を捨てていくのかのヒントになる本でした。

予想年収と内定会社数を無料診断→   その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

40代でシフトする働き方の極意 佐藤優 感想 書評

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。