GW明けの最初の仕事でよくある5つのこと

GW明け 仕事 イヤ




ゴールデンウィークが終わったばかりだというのに、もう次の土日が待ち遠しい・・・そんな会社員の方は多いと思います。また、来年のゴールデンウィークは10連休になるという情報を、1年も前から喜んでいる人もいると思います。

連休明けの仕事でよくある5つのことについて、まとめてみました。わたしは毎年こんな思いで、GW明けをむかえておりました。

1.未読メールの数で戦意喪失

長期連休明けで一番憂鬱なのは、会社に行ってPCを立ち上げてみるメールボックスの未読メールの数です。職場の同僚も長期連休中のはずなのに、どこかの社内ワーカホリック野郎がわたしに向かってスパムメールのような攻撃を仕掛けてくるのです。あるいは社外の取引先の社畜化した社員が、メール送信ボタンを連打しているのです。

未読メールの数が3桁に到達していると、GW明け最初の仕事なのに戦意喪失します。そのままPCをシャットダウンして、敵前逃亡したい気持ちに襲われるのですが、上司の視線が左側からこちらに向けられロックされるので、逃げられません・・・・

2.もっと寝ていたい!

あの満員通勤電車には乗りたくないし、何より駅まで行くのが嫌です。ゴールデンウィーク中は死ぬほど寝てられたのに、目覚まし時計で起こされただけで不快です。あぁ、布団に入りたい、二度寝したい、もう一度夢がみたい・・・

3.生活のリズムがうまくマッチしない!

ゴールデンウィーク中にだらだらと生活していたのに、8時30分出社とか体のリズムがついていきません。なんでその会社リズムに合わせないといけないのか・・・そっか、会社の始業時間が決まっているからか・・・フレックスはないのか?などと自分自身に問いかけるのですが、いかんせん、体がついていかないのです。

休み中に仕事が溜まってます。そもそもみんなも休んでいるのに、なぜに仕事がたまるのか・・・イライラするのですが、仕事は減りません。仕事を減らしたくとも、キーボードを打つ手の速度が鈍ってます。GW明け初日の仕事は、なぜか仕事疲れがドッときます。

4.会いたくない上司や同僚に会ってしまう

休み中に会う必要がなかった嫌いな上司、同僚が今は目の前にいます。あぁ、またこのウザい人たちと仕事をしなければいけないのか・・・ゴールデンウィーク中は頭の中から抹殺できていたかな、いや、たまに現れてはせっかくの休みを台無しにしてくれていたな・・なんてムダなことばかり考えてしまいます。

5.あっさり仕事のリズムに順応している自分に驚く

GW明け初日は、やはりリハビリ的な仕事しか出来ないこともあります。それが2日、3日と経過するにつれ、あら不思議。満員電車も日常となり、いらない会議にも惰性で参加でき、アホみたいに来るメールも処理できているではありませんか?自分の適応力のすごさに驚くこともあるのですが、いろんな意味で妥協している自分にも気づくことになり、GW明けの次の土日で変な自己嫌悪に陥ることもよくあります。

そうだ!転職だ!

こんな思いが強くなったときは、転職を視野に入れるようにしています。というのも、来月にボーナスをもらって会社を辞めるには、そろそろ転職活動をしておいたほうがいいからです。長期連休明けにスッキリした気持ちで仕事ができない人は、転職をモチベーションにして仕事疲れを乗り切るという方法もあるかもしれません。

予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

GW明け 仕事 イヤ

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。