40代50代のコネ転職は大切、でもムリして人脈を保つ必要もないという話

コネ 転職 40代 50代




ひと昔前までは、コネで転職するなんて!という気持ちが、わたしにはいつもありました。周りの友人・知人にも妙なプライドがあって、自力で書類選考や面接を勝ち抜いてこそ、本当の転職みたいな空気感があったように思います。

しかし、今はコネ転職ではなく、リファラルリクルーティングという呼び方をしたり、採用する企業側も見抜けない不確実な候補者よりも、社風や自社の仕事を知っている社員の目で、他社の人を引き抜くことに抵抗もなければ、むしろwelcomeと考えている会社も増えています。

20代から30代前半だったら、ガチで転職活動をしてもそれなりに勝負ができるのですが、40代、50代になって転職に散々失敗して、背に腹は代えられない状態になったとき、やっとコネで転職をしようと考える人もいます。若いときのコネ転職と、シニア世代のコネ転職は違うとわたしは思っていて、その違いはというと、歳を取れば取るほど、本当の人間性が試されるのだと思います。

20代、30代の頃の人間性と、40代、50代の人間性は変わっている可能性はもちろんあるのですが、20代、30代で人間的に嫌われるような仕事をしてきた人にとって、シニア世代のコネ転職は正直難しいと思います。わたしもその当時ダメだった人を、自分の会社に誘おうとは思いません。その当時の記憶はアップデートされることはなく、今もそのままです。

いつまでも人脈を保とうとしている人

一方で、いつまでも昔在籍していた会社の社員とつながりを持ち続けたり、動向を気にしている人もいます。万が一、転職する際の保険として、そういう付き合いを続けている人もいるのですが、わたしはムリして人脈を保つ必要はないと思っています。

自分が成長し、全く違う業種、職種で仕事をしていれば、周りの人脈もどんどん変わっていきます。前の会社の同僚と、友人として付き合う分にはいいのですが、自分のコネ転職のためになんとなくつながりをキープし続けるのも、正直疲れます。

不思議なもので、人のつながりは自分の成長と共にどんどんアップデートされていきます。思わぬ出会いや仕事が、どんどん増えていきます。その仕事を通じて、次の仕事、次の出会いが見つかっていき、気づくと面白いくらいいろんな人脈が広がっていることがあります。

昔の人脈をムリして保つのではなく、自分が行動を起こして人脈を広げ、アップデートしていった先にコネ転職をしてみたほうが、今の自分によりマッチした転職ができるのではと思います。昔の友達にしがみつくよりも、未来の友人を探してみるといいことがあるかもしれません。

予想年収と内定会社数を無料診断→   その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

コネ 転職 40代 50代

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。