同業他社への転職は裏切り?成功例をご紹介

ライバル会社 転職

同業他社(競合会社・ライバル会社)への転職と聞くと、

  • 技術流出や、情報漏えいとかあるから、同業他社へ転職はダメ
  • 誓約書にサインしたし、ライバル会社へ転職はNG
  • 職業選択の自由が憲法上認められているから、同業他社への転職を制限自体が問題

リスキーと思われがちな同業他社への転職ですが、リスクを冒すだけのメリットもあります。

同業他社への転職はリスクもあるが、見返りもある

リスキーなのはあくまで、今在籍している会社のはなしです。

一方のライバル会社は、もっとも欲しい人材・のどから手が出るほど欲しい人材は同業他社にいると思ってます。あなたのその経験、スキル、技術力、人脈、すべてをどんなにお金を使っても手に入れたい!そう考えています。

今いる会社に対してのリスクは、普通の転職と違って最大かもしれません。でも得られるリターン(給与)であったり、もっとも必要とされているのは、どう考えても同業他社です。リスクさえ乗り越えれば、ライバル(競合)への転職というのは、実はもっとも成功確率の高い転職とも言えます。

「合法的な」同業他社への転職体験談

役員からの依頼で、わたしはAさんに会う事になりました。役員からはホントに会うだけということだったので、Aさんが所属する会社の紹介(営業)トークを聞いて、1時間程度で終了。12月の寒い時期でした。

年が明けて会社に行ってみると、斜め前の席に中途採用の方が来てました。新人さんということで、新年早々の挨拶周りをされていて、新年早々フレッシュでいいなぁ~って思っていると、

Aさん
おひさしぶりです、転職苦労人さん
転職苦労人
おひさしぶりって、この前お会いしましたよね?

そうです、まさかのAさんとの1ヶ月ぶりの再会です。この時Aさんも事情を話してはくれず、役員のところへ事情を聴きに行こうかとも思いましたが、それもできず・・・誰にも言えず悶々としてました。半年ぐらい経過したころでしょうか?Aさんからいきなり声をかけられまして

Aさん
びっくりしたでしょ~、申し訳なかったですね
転職苦労人
未だに意味が分からないんですが、何があったんですか?
Aさん
実はわたしはA社出身で、こちらの会社に転職したかったんですが入社時の誓約書というのがあって
転職苦労人
え~、A社って、思いっきりコンペティター!!(競合相手)
Aさん
退職後半年間は同業他社への転職が禁止だったので、全く違う業界の会社を1社はさんで転職したんです。
転職苦労人
え~、すごいですね!それってダミー転職みたいなものですか?
Aさん
はい。業界も狭いからいずればれるというのもあって、だったら誓約書を守ろうかと

同業他社へ転職するために、1社ダミーの転職をかましてから転職する。Aさんはそのダミー転職はわずか半年間しか在籍していません。おそらくこの転職で最もびっくりしているのは、ダミー転職先の会社の人たちです。

これは合法といえば合法なので、誓約書や守秘義務などが気になってしょうがない人は、こういった方法もあります。これは身近にあった特殊例ですが、世の中の大半の人は同業他社への転職を、そんなに気にする必要はないです。

1人がいなくなって会社が傾いたり、技術流出が起きて、市場シェアがひっくり返ったとかいうレベルの人って、そうはいませんからね。職業選択の自由の方が強いので、あまり気にすることはないです。そこを気にせず転職した方は、ものすごいリターンを手に入れることになります。

あとは円満退社しておけば、たとえ同業他社へ行っても何か言われる確率は減ります。そして1人そういう成功者が同業他社へ転職すると、その人物がとても魅力的ならば、引き抜きが起きます。そのまま部署毎、ライバル会社にできちゃったっていうのも、わたしはいくつか見ました。人生いろいろです。

リスクを回避する!競合会社への円満転職実現テク(リクナビNEXT)

わたしが最もお世話になった転職エージェント→   リクルートエージェント

ライバル会社 転職

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。