エグゼクティブ・ハイクラス転職エージェントに登録できた理由

ハイクラス エージェント CDS

エグゼクティブ・ハイクラスの転職を考えている皆さま。わたしはそれほどスペックが高いわけでもないので、転職エージェント登録の際の審査で落とされそうなものですが、合格しました。

自分はエグゼクティブな人材とはいえない、ハイクラスの転職は厳しいと考えている方でもきっと、この記事を読んでチャレンジしてみようかな? と思われる方もいると思います。なぜハイクラス転職エージェントを利用できたのか、その理由と体験談をご紹介します。

エグゼクティブ転職エージェントの審査に合格

わたしの周りにはエグゼクティブな方がいらっしゃるのですが、わたし自身は至って普通のスペックです。

実は最初にスカウトされたのが、わたしの上司のエグゼクティブの方でした。しかしその方は、転職する気がありません。次にエグゼクティブのお友達に声をかけたら、その人も転職する気がなく、最終的にそのポジションを紹介されたのが「わたし」だったのです。

正直、通常ルートではないかもしれませんが、ハイクラス転職エージェントに登録できました。最初は自分にふさわしくないと考えていたのですが、気づけばその転職エージェントとは長い付き合いになるのです。

エグゼクティブ転職エージェントの求人数

どのエグゼクティブ転職エージェントを利用したかというと、RGFエグゼクティブサーチジャパンです。RGFエグゼクティブ サーチ ジャパンは、5年以上お付き合いがありました。5年で紹介して頂いた求人案件は、ずばり5件です。1年に1件のペースです。

他の転職エージェントと比較すると、かなり少ない求人数でした。しかしわたしがこの転職エージェントを評価している理由は、求人案件の精度がめちゃくちゃよかったからです。

求人案件数で勝負してくる大手転職エージェントもいますが、こちらは真逆の少数精鋭タイプ。わたしのキャリアにぴったりな案件しか、連絡が来ません。忘れた頃に電話が来て、

『転職苦労人さん、お久しぶりです。こういう募集が今あるのですが・・』

という時は、間違いなくピッタリ案件だけです。

本当に忘れた頃にやってくるので、そういう時に限って転職したいタイミングじゃないという事も多いです。いい案件だし、年収も高い。転職活動中だったら、必ず応募する案件ばかりでした。

エグゼクティブ系転職サイト・転職エージェント

「エグゼクティブ系転職エージェント」ですが、TOEIC700点以上ならばリクルートエージェントの反応がいいです。(さらに現年収が600万円以上ならば、スムーズな登録が可能で、優遇されます)

「エグゼクティブ系転職サイト」 の方だと、会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』が有名です。ビズリーチに関しては担当者から直接詳しい話を聞いてきたので、関連記事もあわせて読むといいと思います。

bizreach

ハイクラスな転職サイト「ビズリーチ(BIZREACH)」の特徴を担当者から詳しく聞いてきた

2015/11/23

「CAREER CARVER(キャリアカーバー)」は年収600万以上のハイクラス系求人だらけの転職サービス

2014/07/24

わたしが最もお世話になった転職エージェント→   リクルートエージェント

ハイクラス エージェント CDS

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。